【2016年04月11日】

ニュースリリース

理研ベンチャーのインプランタイノベーションズ、

食品・農産物等の「香りプロファイリング」に関する

分析・解析の共同研究を開始

 

-香り成分を「見える化」する-

 概要 植物専門の受託研究会社である理研ベンチャー(*1)の株式会社インプランタ
イノベーションズ(横浜市鶴見区小野町75-1、代表取締役 髙根健一、以下インプランタ)は4月11日より、公益財団法人かずさDNA研究所との共同研究「食品・農産物等の『香りプロファイリング』に関する分析・解析の基盤整備」を開始しました。 本共同研究の目的は、同研究所のメタボローム解析(*2)の手法を基盤に、食品・農産物等に含まれる香り成分の効率的な抽出方法、ガスクロマトグラフィー連結質量分析装置(*3)を用いた一斉分析手法、および迅速解析手法を確立することです。最大3,462種類の香り成分を検出、数値化します。香りは、食品・農産物の「おいしさ」を左右し、ヒトの摂食量にも影響することが知られています。 研究成果は、科学的データに基づいた食品・農産物等のブランド化、高付加価値化を支援するサービス、「全成分指紋解析サービス」(*4)の新メニューとして、年内の販売開始を目指します。対象顧客は、食品・農産物等の高付加価値化、ブランド化による6次産業化を目指す農林水産事業者、中小規模の企業、及び、農林水産業振興を支援している自治体を見込んでおり、販売価格は1件あたり150~200万円程度を考えています。 この計画は、公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)により新規性、及び、市場訴求力の高さが期待できると評価され、平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金事業にて「食品・農産物等の『香り』プロファイリングサービスの構築」として採択されています。 以上 本件に関する問合せ先:TEL 045-500-0538 インプランタ 研究開発部 高野 *1 理研ベンチャーとは、国立研究開発法人理化学研究所(理研)の研究成果を中核技術として起業し、一定要件を満たすことで理研から認定を受けた企業群です。 *2 メタボローム解析とは、主に質量分析機器を用いた網羅的成分解析のことです。Dictionary of Natural Productsというデータベースには天然に存在する既知化合物が17万種類登録されていますが、植物材料ではその数倍、検出されます。この既知化合物、未知化合物を質量分析機器等で網羅的に検出した後、化合物の種類やその分布特徴をソフトウエアで解析することにより、材料間の比較を行うことができます。 *3 ガスクロマトグラフィー連結質量分析装置とは、気化しやすい化合物をガスクロマトグラフで分離し、オンラインで質量分析器に導入して測定するための装置です。気化しやすい有機化合物(香り成分も含む)の同定・定量に用いられます。 *4 土壌・農作物の生育過程および生鮮食品・加工食品に含まれる成分を最新の質量分析機器を用いてメタボローム解析します。その結果を分析・評価することで依頼材料に含まれる特徴的な成分を決定、その成分がヒトに及ぼす機能に関する情報もあわせて納品するサービスを「全成分指紋解析サービス」と命名し、株式会社エコプロ・リサーチ(静岡県静岡市清水区渋川100番地、代表取締役社長 増田勝美)と連携して昨年10月から販売しています。 インプランタの基本情報 住所:神奈川県横浜市鶴見区小野町75‐1 リーディングベンチャープラザ1号館409号 代表電話番号:045-500-0538 URL:http://www.inplanta.jp 設立年:2003年3月 資本金:173百万円 従業員数:12名 主要事業:植物研究開発支援事業、農業関連サービスなど、植物に特化したサービスを提供しています。 公益財団法人かずさDNA研究所の基本情報 住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-6-7 代表電話番号:0438-52-3900 URL:http://www.kazusa.or.jp/ 設立年:1991年3月 資本金:48億18百万円 従業員数:130名(H28年4月現在) 主要事業:植物やヒトのDNAに刻まれた「生命の設計図」である遺伝情報を解読し、それに基づいて、細胞の中でさまざまな働きをしている遺伝子についての研究を行っています。なお、平成24年4月に公益財団法人に移行しました。

All rights reserved - Inplanta Innovations Inc.