【月一小話 植物の小ネタ バックナンバー】

2016年6月

*透明になる不思議な花『サンカヨウ』*

 

水を吸うと花びらが透明になる“サンカヨウ”という植物をみなさんはご存知でしょうか。

 

サンカヨウは、北海道から本州にかけて分布しており、主に高地の湿地帯に生息する多年生の植物です。5月から7月の開花時期、朝霧が残る早朝に、花びらが水を吸うと、まるで宝石のような美しい透明の花色となります。

 

しかし、日が当たり、花びらが乾燥すると、また元の白色に戻ってしまいます。この仕組みは、水分を含むことによって、光の屈折や反射が弱まることなどが考えられていますが、詳細な機構はまだ解明されていません。

 

美白と潤いが、透明感をもたらすのはお化粧に相通ずるものがあります。お化粧する際は、サンカヨウの花をイメージして、透き通ったお肌を目指してはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

All rights reserved - Inplanta Innovations Inc.