【月一小話 植物の小ネタ バックナンバー】

2016年5月

*禁断の果実『マルーラ』で動物が大宴会*

 

みなさんは、マルーラというアフリカ原産の植物をご存知でしょうか。マルーラは、マンゴーやカシューナッツと同じウルシ科の植物で、マルーラの実は、オレンジの約4倍のビタミンC、豊富なプロテイン、ミネラルを含んでおり、とても栄養価の高い果物です。アフリカの動物たちは、マルーラの実が美味しいことを知っていて夢中になって食べるほどです。しかし、マルーラの実を食べた後、動物たちの歩き方がたどたどしくなってしまいます。その理由はマルーラの実は自然に熟す過程でアルコールを作っているからです。

 

さて、マルーラの実はそのまま食べるよりも、加工した「アマルーラ」というフルーツリキュールが有名です。ゾウがこよなくマルーラを愛することから、ボトルラベルには、ゾウがシンボルとなっています。今では、100カ国以上で愛飲されており、評判がいいそうです。

 

みなさんも「アマルーラ」を見つけた際は、アフリカの動物たちが大宴会を楽しんでいるのを想像してみて下さい。大きな像も酔わす「アマルーラ」を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

All rights reserved - Inplanta Innovations Inc.